「虎屋パリ」の愛すべきフェーヴ

 

兎饅(うさぎまん)フェーヴ (中央)

 

兎饅フェーヴ (手前)

 

 

虎屋」というと東京の有名和菓子店と思っている方が多いようですが、実は虎屋さんは京都創業の大変な老舗です。(室町時代後期創業。500年以上の長い歴史を持ちます)

 

 

虎屋のパリ店は、1980年開店。

 

そして、パリ店では2008年から毎年、お店の銘菓を象ったすばらしいフェーヴを作製しています。

 

上の写真は2009年の兎饅フェーヴ

日本のお店で予約販売されている本物の兎饅と並べてみました。

(上の写真の中央、下の写真の手前がフェーブ。他は本物の兎饅です)

いかがですか?

本当に可愛いでしょ。

 

 

このフェーヴ自体は日本のメーカーで製造されているそうですが、日本の虎屋では手に入りません。

なぜなら、ガレット・デ・ロワを販売しているのはパリ店だけだからです。

 

虎屋のフェーヴを愛する者としては本当に悲しい。

 

 

 

虎屋の歴代フェーヴの一部

 

左手前より時計まわりに

   兎饅 (うさぎまん 2009年)

   好文花(こうぶんか 2010年)

   菖蒲饅(あやめまん 2011年)

   初霜 (はつしも  2013年)

   鶉饅 (うずらまん 2012年)

どれも、虎屋で販売されている本物の和菓子とそっくりですね。

フェーヴへのこだわりも超一流です。

 

 

 

虎屋フェーヴ追加 左から

   仙寿  (せんじゅ 2014年)   

   木花文庫(このはなぶんこ 2015年)

 

 

 

これらの和菓子は季節ものなので、常に虎屋の店頭にあるわけではありません。

ですから、その季節に偶然これらの生菓子を見つけると、なんだか嬉しくなってしまうのです。

 

 

と思っていたら、2016年・2017年のフェーヴは定番の和菓子でした。

虎屋フェーヴ追加

  御代の春 白(みよのはる しろ 2016年)

虎屋フェーヴ追加

  御代の春 紅(みよのはる あか 2017年)

 

ちなみに、「御代の春」は白がこしあん、紅が白あん入りです。

 

 

 

 

虎屋パリ店

10  Rue Saint-Florentin 75001, Paris

 

フェーブとは→こちら